決定版!バストアップクリーム

今、一押しのバストアップクリームはこれ!バストアップクリームの真実教えます!!

バストアップマッサージクリームってどれがいいの?マッサージをするタイミングは?
そもそもバストアップ効果はあるの?そんな疑問にお答えして、“本当に効果のある”バストアップクリームを
ご紹介いたします!

注目のバストアップクリームについて

女性なら、柔らくてふっくらしたバストがほしい!と1回は思ったことありますよね。
バストアップに励んだことがあるけど、バストアップ効果を実感できずに諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。バストアップのためには、自宅で行えるマッサージやエクササイズの他にバストアップサプリメントやバストアップブラ、バストアップクリーム、豊胸手術といった方法があります。

バストアップサプリやバストアップブラ・ナイトブラも人気ですが、バストアップクリームも胸を大きくするためには必需品でしょう。楽天やAmazonなどで人気のバストアップクリームもあれば、マツモトキヨシなどの薬局やドン・キホーテで販売されている市販のバストアップクリームなどさまざま種類があり、有効成分・美容成分・口コミ・価格・効果もさまざまです。そこで本サイトでは、気になるバストアップクリームの効果や選び方・注意点について詳しくご紹介致します。

バストアップクリームは、局部を太らせる。

老化=痩せている という概念。上半身が痩せて下半身が太る、これは 老化 です。
顔は(頭蓋骨ー筋肉ー血管ー脂肪ー皮膚)この5層で構成されています。歳をとると、①頬がこけて②目の下が凹み③顔がたるむ④シワが出てくるこうなうのは全部「骨」がない場所です。例えば、眼骨って骨がないですよね。
空洞があって、脂肪がないと沈む、沈むとクマができて、目のシワができて、アイシャドーとか乗らなくなってくるんです。
老化とは頭蓋骨に寄って行っている、要するにそれは顔が痩せているのです。

10代の顔というのは、ハリがあります。これは、みんな表面のパックをやって水分補給して一番薄っぺらい「表面」を頑張ってケアしていますが、実は「凹み」の問題点はそこではありません。若い人が顔がプルっとしているのは、ハリじゃないです。皮膚の下の中身が多いからです。なので、表面をいくらケアしても、その老化は解決できないのです。

解決させるためには皮下の物量を上げる必要があります。それは簡単いいうと 太る ということです。
30代超えても太っている子は顔丸く、ハリもありますよね。ハリがある というのは表面が変わっているのではなく「中身」が変わっているんです。太るには、たくさん食べれば良いけど、食べたらどうしても下半身やお腹に肉がつくので、食べませんよね?
だから、バストアップクリームを使い効率的に局部に脂肪をつけることとで、バストアップ効果が期待できます。

バストアップクリームの効果とは?

しかし、バストアップの効果を実感するのには個人差があります。
サプリだけでバストアップできた!という人もいれば、ブラとサプリの併用で胸が大きくなった!という人もいるでしょう。
一般的なバストアップ方法で効果を実感できなかった人におすすめしたいのが、バストアップクリームです。胸に直接塗って胸を大きくするバストアップクリームは誰でも簡単にできる方法なので、試してみる価値はあります。サプリとの併用やブラとの併用など、他のバストアップアイテムと併用することでより効果を引き出すことが期待できます。

基本的に、バストは9割が脂肪からできていると言われています。つまり脂肪を増やしてバストアップをするというのは、体のしくみから見てもごく自然な方法だと考えられます。

また、バストアップクリームは、女性ホルモンの分泌を促したり、胸の脂肪をつきやすくする成分が主に含まれているので、エクササイズの際に使用すると、さらにバストアップ効果を実感しやすくなります。
顔につける化粧水や乳液などと同じようにバストアップに有効な成分も肌から吸収することで外側からのバストケアに最適です。

バストアップクリームに含まれる成分とは?

バストアップクリームにはさまざまなバストアップ成分が配合されています。3大バストアップ成分としては脂肪を増殖させる成分の「ボルフィリン」「アディフィリン」「セルアクティブ」があります。

ボルフィリン

ボルフィリン(別名ハナスゲ根エキス)は、ハナスゲというユリ科の植物の根から抽出された天然成分で、ボルフィリンに含まれる「サルササポゲニン」という成分が、バストアップに効果的だとされています。サルササポゲニンという成分は、塗った部分の脂肪細胞を増加させる効果を持つ成分とされていて、ある臨床試験では実際に2ヶ月間で約30%も胸を大きくする事が出来たという結果が出ている、データ上でもしっかりと効果が見られる成分です。この脂肪を増加させる作用はバストアップだけではなく体のどの部分でも同じで、指に付くと指の脂肪を増加させてしまうとも言われています。しかし、このボルフィリンはあまり多く抽出する事ができず、高価な成分なので、市販の製品には配合されているとは言っても配合分量が少ない場合が多く、そのために臨床試験と同じような効果が中々得られない現状となっています。

アディフィリン

アディフィリンとは、スペインの会社で開発されたバストアップ成分で、ボルフィリンと同じように、塗った場所の脂肪を増やす働きをします。原料は全て植物由来のものから作られているので副作用がでにくく、女性ホルモンの分泌を促すような働きもないので、ホルモンバランスが乱れる心配がありません。

セルアクティブ

クインスシードエキス、クロレラ/シロバナルーピンタンパク発酵物、マンゴスチン果皮エキス等を主成分にしており、お肌にハリを与えてくれます。

バストアップクリームには、「ボルフィリン」「アディフィリン」「セルアクティブ」の他にもセサラッシュ・コラーゲン・アスタキサンチン・プラセンタ・ヒアルロン酸・イソフラボンなどの美容成分が配合されているので、バストにハリや弾力を与えたり、バストを保湿することも出来ます。

数あるバストアップクリームの中から本当に優れた商品を選ぶためには、しっかり有効成分が配合されているかチェックすることが大事です。特に「ボルフィリン(ハナスゲ根エキス)」が配合されたクリームを当サイトではオススメしています。
ボルフィリンは最新であり抽出制限のある成分なので、ボルフィリンの配合されたクリームが稀少と言えます。

美容成分と有効成分の違い

美容成分とは
しっとりするとか、保湿するとか、水分量を増やすと言ったものです。
有効成分とは
結果その商品自体が打ち出しているものを実現するためのチカラです。

つまり、有効成分が高い化粧品ほど良いと言えます。
さらに、医薬部外品という言葉があります。医薬部外品とは、医療的観点から使用に安全な濃度を指定しているので、安全性を重視しているため効果に期待できない・薄い商品しか存在しません。なので、極端な言い方をすると、医薬部外品と書いてある商品を使うのは、意味がないとも言えます。

時代が変わる中で化粧品会社も良い化粧品を作ってきましたが、医薬部外品の方が 効く と表現できるので、その方が売りやすく生産してきました。
医薬部外品の1類2類3類の違いとは、有効成分の濃度の違いなので、効果効能に効きやすいのは、より有効成分が含まれた商品なのです。

結局、効果のあるバストアップクリームはどれ?

seins mous「セインムー・ボーテロンド」 ってどんな化粧品?

結論!当サイトがおすすめするバストアップクリームは、、、、、、
世界最高水準の“豊胸&育乳”のための成分を配合している、セインムー社のボーテロンドに決定!

有効成分の濃度 に着目し、日本一の濃度、成果最高水準の濃度を持つものを筆頭にした結果にコミットするものだけを取り扱う高機能化粧品ブランドです。「セインムー・ボーテロンド」はきちんとした研究所で有効濃度を薬品レベルの1類に属するような化粧品として開発されているようです。

「セインムー・ボーテロンド」という名前にはフランス語で「柔らかな胸」という意味があるようです。 ー以下WEBから抜粋ー

研究力の末、世界最高クラスの高級化粧品として生まれた丸みを創る革新的な美容液です。 「セインムー」の主原材料には育乳の救世主と呼ばれる「ボルフィリン」を業界最高水準の濃度を含有しています。さらにヨーロッパから 【ボリュームアップ】【ハリを出す原材料】そして細胞分裂を促す化粧品原材料「ボルフィリン」「アデフェリン」「セルアクティブ」を含む3大豊胸成分を日本で初めて起用し、世界最高水準濃度で配合しています。
原材料のコスト、開発期間に糸目をつけず、女性が美しくなることに注力した美容液が「セインムー・ボーテロンド」です。
ー以上、抜粋ー

ですので当サイトとしては、セインムー・ボーテロンドが効果として一番! という評価をしました。

セインムー・ボーテロンド の公式ページはこちらから